コロナ自殺

日本では普段から自殺者が多いと聞いていますが、コロナ騒ぎの今、目を疑う記事をネットで見ました。河原でBBQしている人へのインタビューで、友人の経営者が12人自殺したというのです。この僅か数か月でですよ。人の生き死にでうそを言っているとも思えないので本当なのでしょう、唖然としました。どうも日本人には江戸の腹切り侍のDNAが染みついているのかも知れませんね~。この気風はぜひとも改めてもらいたいと思う。例えば、唯物主義の人は自殺すれば全て無になって楽になれると思って自殺するのかもしれない。一方、来世信奉者はこんな苦労はこりごりだから自殺して蓮の葉に乗ってのんびり昼寝しようと思うのかもしれませんが、両方とも大間違いです。

この世における最たる大罪は殺人、つまり他人を殺すことであることは異論を挟まないですよね。実はその次の大罪が自分を殺すことなのです。理由をここで書く余裕がないので何も言いませんがそういうことなのです。だから死んでからその償いが大変、一口で大変と言えないくらい大変なのです。だから悪いことは言わないから、そんな愚かなことはやめたほうが賢明です。これは、アマチュアオカリナ奏者であると同時に30年来のアマチュア霊界研究家のRECOCAが言うのですから、ゆめゆめ疑うことなかれ。

 それでは、借金で首つらなくてもよいように、RECOCA家の花伝書を公開します。これは2003年ですから20年前リーマン不況の中倒産、失業の山となったとき、うちにもそういう事態が来ないとも限らないので秘かに金庫にしまっておいた本です。幸いにして紐解く必要がなかった。もはや今後必要ないので、エデン家へ伝承します。今、コロナ禍で四苦八苦している人は下記を見て大らかな気持ちで対処してください。

f:id:recoca1940:20200508104221j:plain

f:id:recoca1940:20200508104247j:plain

f:id:recoca1940:20200508104314j:plain

f:id:recoca1940:20200508104336j:plain

f:id:recoca1940:20200508104355j:plain

f:id:recoca1940:20200508104420j:plain

f:id:recoca1940:20200508104438j:plain

 

時事俳句

というのはどうも難しいですね。17文字と季語の制約は大きいです。だから、俳句は「こと」ではなく「もの」を詠むように、と言われます。しかし、世の中こんなにコロナ関連で揺れ動いているのになんの関心も寄せることなくひたすら花鳥風月の写生に徹するのは腹ふくるるばかりになるのではないかと思って、今日の朝日俳壇入選句4人の選者による40句を拝見しました。しかしコロナ関連句は見事にゼロでしたね。

一方の朝日歌壇では。さすが俳句より14文字多いだけあって、しかも季語の制約もないので4人の選者による40首の入選歌のうち、マスク、パンデミック、新型コロナ、コロナウイルス、クルーズ船、などの語の入った短歌は9首ありました。その中からRECOCA選の3首を発表します。

断然一席はこれ。

・テレビへも感染したか新型の

     コロナウイルス日すがら映る  和田行

二席

・手洗いとマスク嗽(うがい)で迎え撃つ

     戦争末期の竹やりの如  木村義熙

三席 これは自分のことを言われているようで・・

・いつ死んでもいいと言いつつ恐れてる

     新型コロナ迫りてくれば  伊東紀美子

・・・・・・・・・・・

俳句がゼロというのはさみしいので勇気を奮ってRECOCAの駄句を。

・梅が香やマスク外して近づけり

・春愁のマスクの群れのひとりかな

・コロナ病貴賤別なし山笑う

   

ミモザの花

昨日の花クイズにミモザの花を出題しました。

なんという偶然! 今日はミモザ縁の日だった。まぁ、こじつけではあるのですがね。

今日は国際婦人デー⇒その象徴がミモザの花ということになっているのです。

朝日新聞の画像と記事から。

f:id:recoca1940:20170308190630j:plain

「国際女性デーの象徴とされるミモザの出荷が続いている。ミモザは豆科の常緑高木で春に黄色い球状の花を咲かせる。イタリアではこの日、女性へミモザを贈る風習があり、近年は日本でも広がりを見せている。」

国際女性デーの趣旨は女性の権利を守り地位向上をもたらそうというもの。日本においても大いにハんデイキャップ改善の努力が必要と思われるが、一方において経済面でのあからさまな女性優遇を疑問視する投稿もあらわれて男女公平性を保ちつつ趣旨を全うすることの難しさを表わしている感じだ。(朝日新聞「声」欄への投稿、3月8日)

しかし、なんだかんだ言われながらも、平均寿命で男は大きく6年も引き離されているし、家庭内でもイニシアチブをとられてるし、実態は打たれ強くしたたかに生きておられるのではないでしょうか。

・野に山に心に飾る花ミモザ

続・気温

きのうの予報で、東久留米の気温31度だったので、さすが湧水清流の町、涼し~いとよろこんでいたら何のことはない33度まで上がってくそ暑かった。それでも36度や38度になったところもあるようで、それに比べればなんぼかましだ。36度や38度の皆様、本当にご愁傷様です。

今日の地元の公民館ホールでは、熱さを吹っ飛ばすためかよけい暑くなるためか知れないが、往年のロックグループ「ごだいご」のコンサートをやっていた。大音量で、ホールの外まで音が漏れていたのでしばらく聞いていたが、ドア越しに聞くと音がまろやかになってロックもなかなかいいですね。

同ホールの次のビッグイベントは「なんでも鑑定団in東久留米」10月9日(日)。お宝募集は締め切りすぎたが、無料観覧受付は8月15日まで、まだ間に合う。石坂氏がやめてからはTVを見ていない。

f:id:recoca1940:20160807183150j:plain

 

視力回復の術

コンビニで耳寄りな本をゲットした。

老眼でも近視でもOKだそうです。

一日5分目を解放する。そのために、ピントの合わないメガネを5分かける。その状態で2、3m先のポスターをぼ~っと見る。これだけ。

敏感な人は1回で目の調節機能の改善を実感できるそうですが、普通効果が出るには数週間の継続が必要。

使うメガネは100円ショップの+2の老眼鏡がいいと書いてある。私はまだ数日やっただけなので、効果のほどはまだ不明?

f:id:recoca1940:20160726091814j:plain

御題「笑顔」の川柳

選挙落ち残る笑顔の筋肉痛

・・・・・・・・・・・・

・いつしかに九月のそっと忍び寄り

・踊るより話の長き里の盆

・長き夜はスマホ操る無聊かな

・全山に色湧き出でて秋の風

 

 

歌詞の意味分からなくても・・

洋物の音楽で、歌詞の意味が分からなくてもわたし達は感動することが出来る。

そしてこれは海の向こうでも同じであることが分かった。

フランスでフランス語で歌われる「久石譲」の歌。想像外の出来事だったのでびっくりした。

w

ww.youtube.com

www.youtube.com

ウインドーズ10

次のパソコンウインドーズ版がウインドーズ10とsテコと市中に発売になる。(朝日新聞2月21日)

現在の版は8.1だが、大幅改定の意味で9を飛ばして10とする由。しかし、スタート画面の操作性はスマホタイプの8版から大きく7版へゆり戻すらしい。

おそらくスマホをまねた8版が馬鹿馬鹿しいので売れなかったのだろう。もとに近づけて7のユーザーもまとめて10に取り込もうという魂胆であるがうまくいくかどうか。

 

そのため、発売1年間に限って7、8のユーザーには10のソフトのみでも特別価格で頒布するという。まー、どうでもいいが数年おきににでる新パソコン版に付き合っていたらそのつど最低15~20万の出費が必須になる。これは馬鹿馬鹿しくて付き合うのはごめんとすべてのPC愛好者が思っていることだろう。

そろそろ、車や携帯電話のようにリーズナブルな分割価格でモデルチェンジしていけるようなシステムを構築すべきだ。さもないと早晩行き詰るだろう。

・ふりむけば鷺の羽音か牡丹雪

f:id:recoca1940:20150227123738j:plain